耐火被覆工事とは

鉄骨造の骨組を火災の熱から守るために、耐火・断熱性の高い材料で鉄骨を被覆すること。

建築基準法上、鉄骨造は一定基準の耐火被覆をすることで耐火構造とみなされる。

耐火被覆工事の工法例

吹付け工法

半乾式吹付けロックウール

ロックウールをブローで空気圧送するとともに、これとは別にセメントをスラリー化してポンプ圧送し、

専用ガン先において、両者を混合一体化して吹付けます。この工法は、高所圧送が可能で、大規模現場で

 その能力をいかんなく発揮します。

特長

軽量かつ断熱性が大きい。

材質の経年劣化が少ない。

下地の形状を問わず、迅速な現場施工が可能、かつ継ぎ目のない仕上がり


湿式吹付け ロックウール

無機質結合剤をあらかじめ工場でブレンドし、現場では水といっしょにモルタルミキサー等で練り上げます。

これを油圧ポンプ等で圧送。専用ガン先エアにより吹付けます。

特長

  • 施工時の粉塵がほとんどない。
  • 比重のムラがない。
  • 施工能率が非常によい。


 成型板工法

繊維入りけい酸カルシウムの耐火被覆板を使用。表面の硬度が高く、そのまま仕上げ下地用としても使える内装材を兼ねた被覆材で、

柱断面を小さくできるなどの利点があるだけでなく、施工上も、下地と仕上げの作業が同時に行えるメリットがあります。

  • 特長
  • 工場製品なので品質は安定。
  • 鋸引き、くぎ打ち、切断加工により、施工が容易。
  • ペイント、クロス張りが可能



巻付け工法

高耐熱ロックウール、不織布から成る耐火被覆材を鉄骨に巻き付け、ピンでとめるだけの簡便な工法を実現、工場製品による安定した品質と、

発塵がほとんどなく、軽量ですぐれた施工性を特徴としています。

  • 特長
  • 粉塵などの発生がほとんどない。
  • 軽量でかつ安定した品質
  • 養生が不必要で、工期の短縮が図れる。


建築基準法と耐火構造

▲ クリックすると大きくなります