ミラフォーム

さまざまな分野で性能を発揮する、多彩な製品群

数々の特性を有するミラフォームの活躍分野は多種多様。

RC・SRC造系の建築物をはじめ、型枠材、畳の芯材、

さらには冷凍・低温倉庫・車両など、

さまざまな分野に対応するバリエーションがそろっています。


高性能を維持する、高精度断熱材《ミラフォーム》

断熱性

熱伝導率は、コンクリートの約1/50。

省エネ効果に優れた断熱材です。

ミラフォームは独立した無数の気泡からなる空気の板。つま

り、熱の伝導・輻射・対流をひとつひとつの気泡の中に閉

じこめてしまいます。 熱を伝えにくいミラフォームの熱伝導

率は、コンクリートの約1/50。省エネルギーに有効な断熱材です。


矢印で示した数値は、熱伝導率です。この数値が小さいほど、

熱を伝える量が少なくなり、夏は外気温を室内に通さず、冬は暖かい室温を外に逃がしません。

防水性

JIS規格に合格。

断熱・防露に威力を発揮します。

JIS A 9511押出法ポリスチレンフォーム(保温板)の性能をクリアにするミラフォーム。優れたクオリティを確保しています。JIS マーク表示を許可されており、断熱・防露・軽量性は、さまざまな分野で高く評価されています。

完全密閉状態の独立気泡が無数に集まったミラフォームの吸水率は、100cm2で0.01g以下。つまり、水の中に浸積しても表面に水分が付着するだけでほとんど浸透しません。吸水率が高い無機繊維系の断熱材に比べ、断熱性能の低下が極めて小さいのが特長です。水分の吸水・水蒸気の透過を防ぐことにより性能低下による結露の発生を防止。ダニやカビの発生もなく、建築物の耐久性も向上させる断熱材です。



作業性

施工性、加工性も抜群!

ミラフォームは鋸やカッターナイフで簡単に切断できます。

板状で適度な硬さを持っているミラフォーム。鋸やカッターナイフで簡単に切断できますから、現場での加工にも容易に対応出来ます。接着剤を用いた取付けも可能。

たとえば、PC板等への後貼工法でもスムーズな施工を実現します。


靱性

一枚ずつ成型する高均一断熱材。

ワレ・カケ・ヒビの発生も非常に少ない。

用途に合わせた板厚で一枚ずつ成形。そのため密度が均

一でキメ細かいのが特長です。高均一ですから、ワレにくく、

運搬中はもちろん施工中のカケ・ヒビの発生もほとんどあり

ません。そのため、断熱工事がスムーズに行なえます。


環境への配慮

ノンフロン製品対応

『ミラフォーム』は、発泡剤にフロン類温室効果ガスを使用しないノンフロン製品です。

地球環境の保護を目的に、オゾン破壊係数ゼロ、地球温暖化

係数の小さい発泡剤に切り替え、地球環境の保全に努めております。

シックハウス対策

ミラフォームは改正建築基準法の“シックハウス対策”においてホルムアルデヒドを一切使用していないF☆☆☆☆表示品です。

またトルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンの「4VOC基準適合」認定品です。

リサイクル対応

当社ではミラフォームのリサイクル体制を整え、リペレットによる再生化を推進し、循環型社会の構築に貢献しています。

グリーン購入法特定調達品目(断熱材)適合品

ミラフォームは、平成13年4月から施行されたグリーン購入法の特定調達品目(断熱材)適合品であり、環境負荷の少ない製品です。


日本工業規格 適合性認証取得。ISO9001、14001認証取得。

万全な品質管理のもと、安定した性能を確保します。


ミラフォームは、最新鋭の設備が整った「JIS表示許可工場」で生産されています。

各生産工程においては、万全な品質管理を実施し、製品をお届けしています。

さらに詳しく⇒カタログ